ユーグレナってどんな生き物?

ユーグレナってどんな生き物なのか?

 

ユーグレナとは、ミドリムシの事です。

 

ミドリムシは和名で、ユーグレナは学名です。

 

小学生の頃に理科の実験で観察対象にされるアレです。

 

小学校の授業で顕微鏡で見た記憶がある人も多いんじゃないでしょうか?

 

ユーグレナは、理科の実験でも取り上げられるように植物の特徴と動物の特徴両方を合わせもつ非常に珍しい生物です。

 

比較的採取しやすいく、とても珍しい生物的特徴を持っているので理科の実験対象に選ばれます。

 

 

ユーグレナってなんでサプリに使われるの?

 

理科の実験でお馴染みのユーグレナですが、栄養が非常に豊富に含まれるためサプリメントに利用されます。

 

動物的特徴と生物的特徴両方を併せ持つという性質のおかげでユーグレナには動物と植物両方の栄養が含まれています。

 

ユーグレナを摂取するだけで、魚・肉・野菜すべての栄養を摂取できるんです。

 

まさに、サプリメントにするにはぴったりの生物ですね。

 

ユーグレナがよく勘違いされるアレとは?

 

ユーグレナはよく、青虫と間違えられます。

 

ミドリムシという名前を聞くとミドリでムシだから蝶々とかの幼虫である、青虫と間違えられるんですね。

 

確かに青虫のサプリメントだと気持ち悪いですね(苦笑)

 

ですが、ミドリムシは青虫とは全く違う生物です。

 

ミドリムシはそもそも、ムシという名前がついていますが藻の一種なんです。

 

藻という事は海藻類のわかめなんかと似たようなものですね。

 

ユーグレナは藻なのに、鞭毛という器官を使って動く事が出来るのでムシという名前で呼ばれているんですね。

 

自分で動けるなんてすごい藻ですね。

 

ユーグレナは藻です!

 

ユーグレナってどんな生き物?と聞かれると一言でいうなら、自分で動ける藻です。

 

とても小さくて肉眼ではちょっと見えないです。

 

ただ、大量に集まっていると水面が緑に見えたりします。

 

田んぼの水温が急上昇すると水面が緑色になりますが、あれは急激にミドリムシが増えた事が原因です。

そんなわりと身近ですごい生き物のミドリムシを利用したミドリムシサプリをつかって健康になりましょう!

関連ページ

ミドリムシの大量生産はなぜ難しかったのか?
ミドリムシの大量生産方法は1970年のNASAの開発から始まりましたが、2005年にユーグレナ社が実用化するまでは不可能な技術でした。なぜミドリムシの大量生産が難しかったのでしょうか?
ミドリムシサプリメントの安全性について
ミドリムシの大量培養技術は特許取得してない!?
ミドリムシの大量培養技術は特許取得してません。世界で唯一の大量培養技術なのになぜ特許取得していないのか?その秘密を教えます。
ミドリムシってどこにいるの?ミドリムシはとても身近な生き物だった!
ミドリムシ(ユーグレナ)ってどんなとこに生息しているんだろ?という疑問に答えました。健康効果に注目が集まっているミドリムシは実はとっても身近な生物でした。あなたのすぐそばにもミドリムシがいますよ!

ユーグレナについて知る 口コミ コラム